loading... 稚内 旭川 網走 釧路 帯広 札幌 室蘭 函館 青森 秋田 盛岡 仙台 山形 福島 前橋 宇都宮 水戸 熊谷 東京 銚子 横浜 甲府 長野 新潟 富山 金沢 福井 静岡 名古屋 岐阜 彦根 京都 舞鶴 奈良 大阪 和歌山 神戸 鳥取 松江 岡山 広島 下関 高松 松山 徳島 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 那覇 八丈島 父島 名瀬 南大東島 宮古島 石垣島

loading

5月18日23時更新

開花日
4/28
昨年 4/25 (差+3日)
平年 5/3 (差-5日)
満開日
5/3
昨年 5/1 (差+2日)
平年 5/7 (差-4日)


開花日
5/9
昨年 5/13 (差-4日)
平年 5/14 (差-5日)
満開日
5/11
昨年 5/15 (差-4日)
平年 5/17 (差-6日)


開花日
5/3
昨年 5/3 (差0日)
平年 5/5 (差-2日)
満開日
5/5
昨年 5/4 (差+1日)
平年 5/7 (差-2日)


開花日
5/5
昨年 5/8 (差-3日)
平年 5/11 (差-6日)
満開日
5/7
昨年 5/10 (差-3日)
平年 5/14 (差-7日)


開花日
5/14
昨年 5/10 (差+4日)
平年 5/17 (差-3日)
満開日
5/18
昨年 5/13 (差+5日)
平年 5/20 (差-2日)


開花日
5/1
昨年 4/30 (差+1日)
平年 5/4 (差-3日)
満開日
5/2
昨年 5/3 (差-1日)
平年 5/7 (差-5日)


開花日
5/2
昨年 4/25 (差+7日)
平年 5/6 (差-4日)
満開日
5/4
昨年 5/2 (差+2日)
平年 5/11 (差-7日)


開花日
4/27
昨年 4/24 (差+3日)
平年 4/30 (差-3日)
満開日
4/30
昨年 4/26 (差+4日)
平年 5/4 (差-4日)


開花日
4/17
昨年 4/17 (差0日)
平年 4/24 (差-7日)
満開日
4/21
昨年 4/21 (差0日)
平年 4/29 (差-8日)


開花日
4/16
昨年 4/14 (差+2日)
平年 4/18 (差-2日)
満開日
4/19
昨年 4/19 (差0日)
平年 4/22 (差-3日)


開花日
4/17
昨年 4/11 (差+6日)
平年 4/21 (差-4日)
満開日
4/24
昨年 4/18 (差+6日)
平年 4/25 (差-1日)


開花日
4/7
昨年 4/1 (差+6日)
平年 4/11 (差-4日)
満開日
4/13
昨年 4/6 (差+7日)
平年 4/16 (差-3日)


開花日
4/14
昨年 4/6 (差+8日)
平年 4/15 (差-1日)
満開日
4/17
昨年 4/10 (差+7日)
平年 4/19 (差-2日)


開花日
4/8
昨年 3/30 (差+9日)
平年 4/9 (差-1日)
満開日
4/12
昨年 4/3 (差+9日)
平年 4/13 (差-1日)


開花日
4/3
昨年 3/28 (差+6日)
平年 4/2 (差+1日)
満開日
4/10
昨年 4/6 (差+4日)
平年 4/8 (差+2日)


開花日
4/3
昨年 3/28 (差+6日)
平年 4/1 (差+2日)
満開日
4/9
昨年 4/4 (差+5日)
平年 4/8 (差+1日)


開花日
4/2
昨年 3/23 (差+10日)
平年 3/31 (差+2日)
満開日
4/7
昨年 4/1 (差+6日)
平年 4/6 (差+1日)


開花日
3/28
昨年 3/23 (差+5日)
平年 3/29 (差-1日)
満開日
4/7
昨年 4/1 (差+6日)
平年 4/5 (差+2日)


開花日
3/21
昨年 3/21 (差0日)
平年 3/26 (差-5日)
満開日
4/2
昨年 3/31 (差+2日)
平年 4/3 (差-1日)


開花日
4/1
昨年 4/1 (差0日)
平年 3/31 (差+1日)
満開日
4/10
昨年 4/6 (差+4日)
平年 4/8 (差+2日)


開花日
3/25
昨年 3/23 (差+2日)
平年 3/26 (差-1日)
満開日
4/6
昨年 4/2 (差+4日)
平年 4/3 (差+3日)


開花日
4/14
昨年 4/3 (差+11日)
平年 4/13 (差+1日)
満開日
4/17
昨年 4/8 (差+9日)
平年 4/17 (差0日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/27 (差+3日)
満開日
4/9
昨年 4/3 (差+6日)
平年 4/3 (差+6日)


開花日
4/2
昨年 3/27 (差+6日)
平年 3/25 (差+8日)
満開日
4/12
昨年 4/5 (差+7日)
平年 4/3 (差+9日)


開花日
3/28
昨年 3/19 (差+9日)
平年 3/26 (差+2日)
満開日
4/6
昨年 3/31 (差+6日)
平年 4/3 (差+3日)


開花日
3/28
昨年 3/20 (差+8日)
平年 3/26 (差+2日)
満開日
4/4
昨年 3/31 (差+4日)
平年 4/4 (差0日)


開花日
4/3
昨年 3/28 (差+6日)
平年 3/30 (差+4日)
満開日
4/5
昨年 4/2 (差+3日)
平年 4/5 (差0日)


開花日
4/8
昨年 4/3 (差+5日)
平年 4/9 (差-1日)
満開日
4/13
昨年 4/7 (差+6日)
平年 4/14 (差-1日)


開花日
4/5
昨年 3/29 (差+7日)
平年 4/5 (差0日)
満開日
4/8
昨年 4/1 (差+7日)
平年 4/10 (差-2日)


開花日
4/4
昨年 3/30 (差+5日)
平年 4/4 (差0日)
満開日
4/8
昨年 4/4 (差+4日)
平年 4/10 (差-2日)


開花日
4/5
昨年 3/27 (差+9日)
平年 4/3 (差+2日)
満開日
4/7
昨年 3/31 (差+7日)
平年 4/9 (差-2日)


開花日
4/5
昨年 3/30 (差+6日)
平年 4/2 (差+3日)
満開日
4/9
昨年 4/5 (差+4日)
平年 4/9 (差0日)


開花日
3/31
昨年 3/23 (差+8日)
平年 3/28 (差+3日)
満開日
4/7
昨年 4/2 (差+5日)
平年 4/5 (差+2日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/28 (差+2日)
満開日
4/6
昨年 4/1 (差+5日)
平年 4/5 (差+1日)


開花日
4/3
昨年 3/26 (差+8日)
平年 3/28 (差+6日)
満開日
4/10
昨年 4/3 (差+7日)
平年 4/5 (差+5日)


開花日
4/3
昨年 3/23 (差+11日)
平年 3/29 (差+5日)
満開日
4/8
昨年 4/2 (差+6日)
平年 4/5 (差+3日)


開花日
3/30
昨年 3/22 (差+8日)
平年 3/26 (差+4日)
満開日
4/7
昨年 3/31 (差+7日)
平年 4/4 (差+3日)


開花日
4/1
昨年 3/26 (差+6日)
平年 3/29 (差+3日)
満開日
4/7
昨年 4/1 (差+6日)
平年 4/6 (差+1日)


開花日
3/27
昨年 3/23 (差+4日)
平年 3/27 (差0日)
満開日
4/7
昨年 4/2 (差+5日)
平年 4/4 (差+3日)


開花日
4/1
昨年 3/23 (差+9日)
平年 3/31 (差+1日)
満開日
4/7
昨年 3/30 (差+8日)
平年 4/8 (差-1日)


開花日
4/2
昨年 3/23 (差+10日)
平年 3/31 (差+2日)
満開日
4/7
昨年 3/31 (差+7日)
平年 4/7 (差0日)


開花日
4/2
昨年 3/26 (差+7日)
平年 3/28 (差+5日)
満開日
4/8
昨年 4/4 (差+4日)
平年 4/5 (差+3日)


開花日
4/3
昨年 3/30 (差+4日)
平年 3/28 (差+6日)
満開日
4/10
昨年 4/8 (差+2日)
平年 4/5 (差+5日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/25 (差+5日)
満開日
4/8
昨年 4/3 (差+5日)
平年 4/4 (差+4日)


開花日
3/29
昨年 3/24 (差+5日)
平年 3/22 (差+7日)
満開日
4/6
昨年 4/2 (差+4日)
平年 3/30 (差+7日)


開花日
3/29
昨年 3/28 (差+1日)
平年 3/27 (差+2日)
満開日
4/7
昨年 4/3 (差+4日)
平年 4/5 (差+2日)


開花日
3/25
昨年 3/19 (差+6日)
平年 3/23 (差+2日)
満開日
4/5
昨年 3/30 (差+6日)
平年 4/1 (差+4日)


開花日
4/4
昨年 3/28 (差+7日)
平年 3/24 (差+11日)
満開日
4/13
昨年 4/8 (差+5日)
平年 4/3 (差+10日)


開花日
3/30
昨年 3/22 (差+8日)
平年 3/24 (差+6日)
満開日
4/7
昨年 3/30 (差+8日)
平年 4/3 (差+4日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/24 (差+6日)
満開日
4/8
昨年 3/31 (差+8日)
平年 4/3 (差+5日)


開花日
4/1
昨年 3/22 (差+10日)
平年 3/23 (差+9日)
満開日
4/8
昨年 4/2 (差+6日)
平年 4/1 (差+7日)


開花日
4/2
昨年 3/24 (差+9日)
平年 3/24 (差+9日)
満開日
4/9
昨年 4/5 (差+4日)
平年 4/2 (差+7日)


開花日
4/5
昨年 3/27 (差+9日)
平年 3/26 (差+10日)
満開日
4/15
昨年 4/6 (差+9日)
平年 4/4 (差+11日)


開花日
1/31
昨年 1/18 (差+13日)
平年 1/19 (差+12日)
満開日
2/13
昨年 2/2 (差+11日)
平年 1/30 (差+14日)


開花日
1/14
昨年 1/21 (差-7日)
平年 1/18 (差-4日)
満開日
2/8
昨年 2/12 (差-4日)
平年 2/4 (差+4日)


開花日
1/27
昨年 2/9 (差-13日)
平年 1/20 (差+7日)
満開日
2/14
昨年 3/1 (差-15日)
平年 2/2 (差+12日)


開花日
1/30
昨年 2/4 (差-5日)
平年 1/16 (差+14日)
満開日
2/27
昨年 2/25 (差+2日)
平年 2/9 (差+18日)


開花日
1/25
昨年 2/12 (差-18日)
平年 1/16 (差+9日)
満開日
2/19
昨年 3/2 (差-11日)
平年 2/5 (差+14日)


見頃予想

開花・満開確率グラフ

・左の薄いピンクが開花、右の濃いピンクは満開。
詳しい解説はこちら

ひとくち解説... 5月18日更新

loading
 5月18日に釧路で満開になりました。まもなく今年のさくらシーズンは終わりを迎えます。

 2017年のさくらは、関東より西で遅め、関東は平年並み、東北・北海道で早めとなりました。
 今年は、関東から西で暖冬傾向だったため、休眠打破は鈍く、花芽の成長はやや遅れ気味となっていました。この遅れの効果は西ほど強かったとみられます。
 2月の気温は、関東より西の地域で低めとなりましたが、そのほかの地域は平年よりも高めでした。3月は北海道をのぞいて気温が低めとなりましたが、4月に入ってからは気温が高い日が続きました。
 このため、東海から西では暖冬による成長の遅れと2月・3月の低温の影響で、平年より遅い開花となった所が多くなりました。特に九州は暖冬の影響が大きいため、福岡を除いて大幅に遅くなりました。
 関東は2月にたびたび強い南風が吹いて気温が上がったことなどからほぼ平年並み、北日本は暖冬の影響がほとんどなく2月以降の気温を平均するとやや高めとなるため、開花は平年より早くなりました。

 今年の北海道のさくらは、早めの開花となりました。
 北海道も暖冬でしたが、それでも休眠打破には十分な寒さとなるため、影響はありません。
 2月以降、気温は平均するとやや高めで推移しています。4月下旬は低めとなりましたが、一時的なためそれほど大きな影響はありません。このため、平年より早い開花となった所が多くなりました。
 今年の東北のさくらは、早めの開花となりました。
 東北南部では晩秋の冷え込みの影響もあり、休眠打破はほぼ平年並みだったと考えられます。北部では、休眠打破はほとんど冬の気温の影響を受けません。
 2月の気温はやや高めで推移しましたが、3月はやや低めとなりました。ただ、4月は高温が続いたため、開花は平年より早くなりました。
 今年の関東のさくらは、平年並みのところが多くなりました。

 関東南部では、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向となったため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態だったとみられます。北部では晩秋の冷え込みの影響もあり、休眠打破はほぼ平年並みと考えられます。
 1月下旬から2月にかけての気温は、平均すると高めとなりました。特に関東南部は度々強い南風が吹いて気温が高くなる日が何日もありました。3月の気温はやや低めとなりましたが、16日から数日間は気温が高く、東京は平年より早い21日に開花となりました。その後は気温が低かったため、他の地域は平年並み、東京も満開までは時間がかかりました。
 今年のさくらは、東海は平年より遅く、北陸はほぼ平年並みの開花となりました。

 東海では、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向だったため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態だったとみられます。北陸はほぼ平年並みの冬でした。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きました。
 このため、開花は東海で平年より遅くなりました。4月に入って気温が高くなったため、北陸はほぼ平年並み、満開までの期間も短くなりました。
 今年の近畿のさくらは、平年より遅い開花となりました。

 日本海側を除いて、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向となったため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態だったとみられます。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きました。
 このため、開花は平年より遅くなっています。4月に入ってからは気温が高かったため、満開は開花ほどは遅くなりませんでした。
 今年のさくらは、中国・四国ともに平年より遅くなった所が多くなりました。

 山陰を除いて、昨年に引き続き暖冬となっているため、桜の花芽は休眠から目覚めにくい状態だったとみられます。暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど大きくなります。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きました。
 このため、平年より遅い開花となった所が多くなりました。4月に入ってからは気温が高かったため、満開は開花ほどは遅くなりませんでした。
 今年の九州のさくらは、平年よりも遅くなっています。福岡周辺を除いて大幅に遅くなっていて、鹿児島は観測史上最も遅い開花となりました。

 昨年に引き続き、大幅な暖冬となったため、桜の花芽は休眠から目覚めにくい状態だったとみられます。暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど大きくなります。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きました。
 このため開花は、暖冬の影響が比較的小さく2月の気温も低くない福岡周辺は平年並み、そのほかの地域は平年より遅くなりました。
 今年のヒカンザクラ(現地ではカンヒザクラ)は、各地で1月末までに開花していますが、多くの地域で平年よりも遅い開花となりました。各地とも、2月末までに満開を迎えています。
 沖縄の場合、暖かさは十分にある一方、寒さが少ない年は花芽が休眠から覚めず、開花が遅れてしまいます。つまり、開花には「寒さ」が必要ということです。
 この冬は、極めて気温が高い状態が続いていましたが、1月中旬に少し気温が下がったため、その後に開花したところが多くなったとみられます。

各地の天気 loading...

(℃)
mm

・黒い雲は雨が降りやすい予想です。