loading... 稚内 旭川 網走 釧路 帯広 札幌 室蘭 函館 青森 秋田 盛岡 仙台 山形 福島 前橋 宇都宮 水戸 熊谷 東京 銚子 横浜 甲府 長野 新潟 富山 金沢 福井 静岡 名古屋 岐阜 彦根 京都 舞鶴 奈良 大阪 和歌山 神戸 鳥取 松江 岡山 広島 下関 高松 松山 徳島 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 那覇 八丈島 父島 名瀬 南大東島 宮古島 石垣島

loading

3月27日15時更新

開花日
5/2
昨年 4/25 (差+7日)
平年 5/3 (差-1日)
満開日
5/6
昨年 5/1 (差+5日)
平年 5/7 (差-1日)


開花日
5/14
昨年 5/13 (差+1日)
平年 5/14 (差0日)
満開日
5/17
昨年 5/15 (差+2日)
平年 5/17 (差0日)


開花日
5/6
昨年 5/3 (差+3日)
平年 5/5 (差+1日)
満開日
5/9
昨年 5/4 (差+5日)
平年 5/7 (差+2日)


開花日
5/13
昨年 5/8 (差+5日)
平年 5/11 (差+2日)
満開日
5/16
昨年 5/10 (差+6日)
平年 5/14 (差+2日)


開花日
5/15
昨年 5/10 (差+5日)
平年 5/17 (差-2日)
満開日
5/19
昨年 5/13 (差+6日)
平年 5/20 (差-1日)


開花日
5/4
昨年 4/30 (差+4日)
平年 5/4 (差0日)
満開日
5/7
昨年 5/3 (差+4日)
平年 5/7 (差0日)


開花日
5/5
昨年 4/25 (差+10日)
平年 5/6 (差-1日)
満開日
5/9
昨年 5/2 (差+7日)
平年 5/11 (差-2日)


開花日
4/30
昨年 4/24 (差+6日)
平年 4/30 (差0日)
満開日
5/4
昨年 4/26 (差+8日)
平年 5/4 (差0日)


開花日
4/24
昨年 4/17 (差+7日)
平年 4/24 (差0日)
満開日
4/30
昨年 4/21 (差+9日)
平年 4/29 (差+1日)


開花日
4/17
昨年 4/14 (差+3日)
平年 4/18 (差-1日)
満開日
4/23
昨年 4/19 (差+4日)
平年 4/22 (差+1日)


開花日
4/21
昨年 4/11 (差+10日)
平年 4/21 (差0日)
満開日
4/27
昨年 4/18 (差+9日)
平年 4/25 (差+2日)


開花日
4/9
昨年 4/1 (差+8日)
平年 4/11 (差-2日)
満開日
4/15
昨年 4/6 (差+9日)
平年 4/16 (差-1日)


開花日
4/15
昨年 4/6 (差+9日)
平年 4/15 (差0日)
満開日
4/20
昨年 4/10 (差+10日)
平年 4/19 (差+1日)


開花日
4/9
昨年 3/30 (差+10日)
平年 4/9 (差0日)
満開日
4/14
昨年 4/3 (差+11日)
平年 4/13 (差+1日)


開花日
4/2
昨年 3/28 (差+5日)
平年 4/2 (差0日)
満開日
4/9
昨年 4/6 (差+3日)
平年 4/8 (差+1日)


開花日
4/2
昨年 3/28 (差+5日)
平年 4/1 (差+1日)
満開日
4/9
昨年 4/4 (差+5日)
平年 4/8 (差+1日)


開花日
4/1
昨年 3/23 (差+9日)
平年 3/31 (差+1日)
満開日
4/8
昨年 4/1 (差+7日)
平年 4/6 (差+2日)


開花日
3/28
昨年 3/23 (差+5日)
平年 3/29 (差-1日)
満開日
4/6
昨年 4/1 (差+5日)
平年 4/5 (差+1日)


開花日
3/21
昨年 3/21 (差0日)
平年 3/26 (差-5日)
満開日
4/2
昨年 3/31 (差+2日)
平年 4/3 (差-1日)


開花日
4/4
昨年 4/1 (差+3日)
平年 3/31 (差+4日)
満開日
4/11
昨年 4/6 (差+5日)
平年 4/8 (差+3日)


開花日
3/25
昨年 3/23 (差+2日)
平年 3/26 (差-1日)
満開日
4/4
昨年 4/2 (差+2日)
平年 4/3 (差+1日)


開花日
4/16
昨年 4/3 (差+13日)
平年 4/13 (差+3日)
満開日
4/21
昨年 4/8 (差+13日)
平年 4/17 (差+4日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/27 (差+3日)
満開日
4/7
昨年 4/3 (差+4日)
平年 4/3 (差+4日)


開花日
4/2
昨年 3/27 (差+6日)
平年 3/25 (差+8日)
満開日
4/10
昨年 4/5 (差+5日)
平年 4/3 (差+7日)


開花日
3/28
昨年 3/19 (差+9日)
平年 3/26 (差+2日)
満開日
4/6
昨年 3/31 (差+6日)
平年 4/3 (差+3日)


開花日
3/28
昨年 3/20 (差+8日)
平年 3/26 (差+2日)
満開日
4/7
昨年 3/31 (差+7日)
平年 4/4 (差+3日)


開花日
4/3
昨年 3/28 (差+6日)
平年 3/30 (差+4日)
満開日
4/9
昨年 4/2 (差+7日)
平年 4/5 (差+4日)


開花日
4/12
昨年 4/3 (差+9日)
平年 4/9 (差+3日)
満開日
4/18
昨年 4/7 (差+11日)
平年 4/14 (差+4日)


開花日
4/7
昨年 3/29 (差+9日)
平年 4/5 (差+2日)
満開日
4/12
昨年 4/1 (差+11日)
平年 4/10 (差+2日)


開花日
4/7
昨年 3/30 (差+8日)
平年 4/4 (差+3日)
満開日
4/12
昨年 4/4 (差+8日)
平年 4/10 (差+2日)


開花日
4/6
昨年 3/27 (差+10日)
平年 4/3 (差+3日)
満開日
4/11
昨年 3/31 (差+11日)
平年 4/9 (差+2日)


開花日
4/5
昨年 3/30 (差+6日)
平年 4/2 (差+3日)
満開日
4/12
昨年 4/5 (差+7日)
平年 4/9 (差+3日)


開花日
4/1
昨年 3/23 (差+9日)
平年 3/28 (差+4日)
満開日
4/9
昨年 4/2 (差+7日)
平年 4/5 (差+4日)


開花日
4/1
昨年 3/23 (差+9日)
平年 3/28 (差+4日)
満開日
4/9
昨年 4/1 (差+8日)
平年 4/5 (差+4日)


開花日
4/3
昨年 3/26 (差+8日)
平年 3/28 (差+6日)
満開日
4/11
昨年 4/3 (差+8日)
平年 4/5 (差+6日)


開花日
4/2
昨年 3/23 (差+10日)
平年 3/29 (差+4日)
満開日
4/8
昨年 4/2 (差+6日)
平年 4/5 (差+3日)


開花日
3/30
昨年 3/22 (差+8日)
平年 3/26 (差+4日)
満開日
4/9
昨年 3/31 (差+9日)
平年 4/4 (差+5日)


開花日
4/2
昨年 3/26 (差+7日)
平年 3/29 (差+4日)
満開日
4/9
昨年 4/1 (差+8日)
平年 4/6 (差+3日)


開花日
3/27
昨年 3/23 (差+4日)
平年 3/27 (差0日)
満開日
4/4
昨年 4/2 (差+2日)
平年 4/4 (差0日)


開花日
4/4
昨年 3/23 (差+12日)
平年 3/31 (差+4日)
満開日
4/10
昨年 3/30 (差+11日)
平年 4/8 (差+2日)


開花日
4/4
昨年 3/23 (差+12日)
平年 3/31 (差+4日)
満開日
4/10
昨年 3/31 (差+10日)
平年 4/7 (差+3日)


開花日
4/1
昨年 3/26 (差+6日)
平年 3/28 (差+4日)
満開日
4/10
昨年 4/4 (差+6日)
平年 4/5 (差+5日)


開花日
4/2
昨年 3/30 (差+3日)
平年 3/28 (差+5日)
満開日
4/11
昨年 4/8 (差+3日)
平年 4/5 (差+6日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/25 (差+5日)
満開日
4/9
昨年 4/3 (差+6日)
平年 4/4 (差+5日)


開花日
3/28
昨年 3/24 (差+4日)
平年 3/22 (差+6日)
満開日
4/7
昨年 4/2 (差+5日)
平年 3/30 (差+8日)


開花日
3/29
昨年 3/28 (差+1日)
平年 3/27 (差+2日)
満開日
4/8
昨年 4/3 (差+5日)
平年 4/5 (差+3日)


開花日
3/25
昨年 3/19 (差+6日)
平年 3/23 (差+2日)
満開日
4/6
昨年 3/30 (差+7日)
平年 4/1 (差+5日)


開花日
3/30
昨年 3/28 (差+2日)
平年 3/24 (差+6日)
満開日
4/10
昨年 4/8 (差+2日)
平年 4/3 (差+7日)


開花日
3/30
昨年 3/22 (差+8日)
平年 3/24 (差+6日)
満開日
4/9
昨年 3/30 (差+10日)
平年 4/3 (差+6日)


開花日
3/30
昨年 3/23 (差+7日)
平年 3/24 (差+6日)
満開日
4/8
昨年 3/31 (差+8日)
平年 4/3 (差+5日)


開花日
3/30
昨年 3/22 (差+8日)
平年 3/23 (差+7日)
満開日
4/10
昨年 4/2 (差+8日)
平年 4/1 (差+9日)


開花日
4/1
昨年 3/24 (差+8日)
平年 3/24 (差+8日)
満開日
4/11
昨年 4/5 (差+6日)
平年 4/2 (差+9日)


開花日
4/3
昨年 3/27 (差+7日)
平年 3/26 (差+8日)
満開日
4/13
昨年 4/6 (差+7日)
平年 4/4 (差+9日)


開花日
1/31
昨年 1/18 (差+13日)
平年 1/19 (差+12日)
満開日
2/13
昨年 2/2 (差+11日)
平年 1/30 (差+14日)


開花日
1/14
昨年 1/21 (差-7日)
平年 1/18 (差-4日)
満開日
2/8
昨年 2/12 (差-4日)
平年 2/4 (差+4日)


開花日
1/27
昨年 2/9 (差-13日)
平年 1/20 (差+7日)
満開日
2/14
昨年 3/1 (差-15日)
平年 2/2 (差+12日)


開花日
1/30
昨年 2/4 (差-5日)
平年 1/16 (差+14日)
満開日
2/27
昨年 2/25 (差+2日)
平年 2/9 (差+18日)


開花日
1/25
昨年 2/12 (差-18日)
平年 1/16 (差+9日)
満開日
2/19
昨年 3/2 (差-11日)
平年 2/5 (差+14日)


見頃予想

開花・満開確率グラフ

・左の薄いピンクが開花、右の濃いピンクは満開。
詳しい解説はこちら

ひとくち解説... 3月27日更新

loading
 2017年のさくらは、関東より西で平年より遅め、関東・東北・北海道でだいたい平年並みでしょう。
 前回3月23日発表から大きな変化はありませんが、東京の満開予想日が遅くなりました。

 今年の冬は、関東から西で暖冬傾向となっているため、休眠打破は鈍く、花芽の成長はやや遅れ気味になっているとみられます。この遅れの効果は西ほど強くなっています。
 2月の気温は、関東より西の地域で低めとなりましたが、そのほかの地域は平年よりも高めでした。3月は北海道をのぞいて気温が低めとなりましたが、この先は少しずつ気温が高い日も増えてくる見込みです。
 このため、東海から西では暖冬による成長の遅れと2月・3月の低温の影響で、平年より遅い所が多くなりそうです。特に九州は暖冬の影響が大きいため、福岡を除いて大幅に遅くなりそうです。
 関東は2月にたびたび強い南風が吹いて気温が上がったことなどからほぼ平年並み、北日本は暖冬の影響がほとんどなく2月以降の気温も平均すると平年並みとみられるため、開花も平年並みとなる見込みです。

 今年の北海道のさくらは、ほぼ平年並みの開花となりそうです。
 北海道も暖冬でしたが、それでも休眠打破には十分な寒さとなるため、影響はありません。
 2月・3月も気温はやや高めで推移していますが、影響の大きい4月の気温は平年並みとなりそうで、大幅な高温とはならない見込みです。このため、開花はほぼ平年並みとなるでしょう。
 今年の東北のさくらは、平年並みの開花となりそうです。
 東北南部では晩秋の冷え込みの影響もあり、休眠打破はほぼ平年並みと考えられます。北部では、休眠打破はほとんど冬の気温の影響を受けません。
 2月の気温はやや高めで推移しましたが、3月は平年並みからやや低めとなりそうです。4月に入ると平年並みに戻りますが、大幅な高温とはならない見込みです。このため、開花はほぼ平年並みとなるでしょう。
 今年の関東のさくらは、平年並みとなるところが多いでしょう。
 21日に東京で全国で最も早く開花しました。暖冬が西日本ほどではなかったこと、2月に南風で沿岸部だけ気温が上がることが多かったこと、開花直前の16以降の気温が高かったこと、などが原因として考えられます。
 一方、3月下旬は気温が低めとなっているため、そのほかの地域はだいたい平年並みの開花となりそうです。東京も満開までは時間がかかり、4月にずれ込む見込みです。

【これまでの気温の傾向】
 関東南部では、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向となったため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態だったとみられます。北部では晩秋の冷え込みの影響もあり、休眠打破はほぼ平年並みと考えられます。
 1月下旬以降の気温は、冷え込みが強まることもありましたが、平均すると高めとなっています。特に関東南部は度々強い南風が吹いて気温が高くなる日が何日もありました。3月の気温はやや低めとなっていますが、真冬のような極端な寒さは続いていません。
 今年のさくらは、北陸・東海ともに平年より遅めの開花となりそうです。

 東海では、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向となっているため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態とみられます。北陸はほぼ平年並みの冬でした。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きましたが、この先は少しずつ気温が上がってくる見込みです。
 このため、開花は平年より遅めとなる見込みで、暖冬の影響が大きい静岡などでは大幅に遅い開花となりそうです。
 今年の近畿のさくらは、平年より遅い開花となりそうです。

 日本海側を除いて、昨年ほどではありませんが、暖冬傾向となっているため、桜の花芽は休眠からやや目覚めにくい状態とみられます。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きましたが、この先は少しずつ気温が上がってくる見込みです。
 このため、開花は平年より遅くなる見込みで、4月にずれこむ所も多いでしょう。
 今年のさくらは、中国・四国ともに平年より遅くなるでしょう。

 山陰を除いて、昨年に引き続き暖冬となっているため、桜の花芽は休眠から目覚めにくい状態とみられます。暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど大きくなります。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は太平洋側を中心に低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きましたが、この先は少しずつ気温が上がってくる見込みです。
 このため開花は、平年より遅くなりそうです。
 今年の九州のさくらは、平年よりも遅くなるでしょう。福岡周辺を除いて、大幅に遅くなる可能性もあります。

 昨年に引き続き、大幅な暖冬となったため、桜の花芽は休眠から目覚めにくい状態とみられます。暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど大きくなります。
 気温は、1月末から2月の初めにかけて一時的に高めとなりましたが、それ以降は低めとなっています。3月も気温が低い状態が続きましたが、この先は少しずつ気温が上がってくる見込みです。
 このため開花は、暖冬の影響が比較的小さく2月の気温も低くない福岡周辺は平年並み、そのほかの地域は平年より遅くなる見込みです。
 今年のヒカンザクラ(現地ではカンヒザクラ)は、各地で1月末までに開花していますが、多くの地域で平年よりも遅い開花となりました。各地とも、2月末までに満開を迎えています。
 沖縄の場合、暖かさは十分にある一方、寒さが少ない年は花芽が休眠から覚めず、開花が遅れてしまいます。つまり、開花には「寒さ」が必要ということです。
 この冬は、極めて気温が高い状態が続いていましたが、1月中旬に少し気温が下がったため、その後に開花したところが多くなったとみられます。

各地の天気 loading...

(℃)
mm

・黒い雲は雨が降りやすい予想です。